自賠責 税区分|軽自動車を売却することになり

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的だったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ただ素人の私には乗っている車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

海外で高い需要があるようです

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。相場よりもかなり高く売却できました。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産の車ですが、この車も海外で使われるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。車を売るときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

うちよりも高く買い取ってくれる店はないと|自賠責 ポイント

この前初めて車買い取りサイトを利用して、複数の見積もりを取ってみました。いつもは近所の業者に買い取ってもらっているので、高額で買い取りしてくれるものだと思っていました。

しかし実際は複数の見積もりを取って判りましたが、いつもお願いしているところは相場と同程度だったのです。うちよりも高く買い取ってくれる店はないと豪語していたので意外でした。これまでは相場で売れたら正解と思っていましたが、それほどでもない事実はショックでした。

先日売却した車は52万円が相場のようでしたが、一括の見積もりを取ったところ一番高額な業者は70万円を出してくれたのです。ソコソコの値段であれば問題ないと思っていましたが、相場ってことは高くも安くもない金額のことでした。

比較査定をして最高額となった業者は70万で、2位の買い取り業者は68万がいっぱいのようです。3番目は57万円らしく、かなりの差となりましたので、上位の二社に出張見積もりを依頼することにしたのです。最高額の業者にそのまま売らなかったのは、出張でも比較しないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比較するのがコツと書いてありました。

出張して見積もってもらったら、概算で70万と言っていた業者が62万程度の査定額になりました。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。でも2番目の業者は、そのままの提示額で良いと言われました。概算では2位だった業者が最高金額となったので、その業者に売却したのです。

決めました何度か両親が

今まで使っていた自動車を乗り換えることになりました。私はいつも買い替えの時はディーラーさんで下取りをしてもらうしかないと思う以外発想がありませんでしたが、世の中にはその他の方法もあるという事を聞きました。それがクルマの買い取りです。

初めてのことですから、どうすれば良いかが分かりません。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めていきました。まずは聞いたことのある複数の業者に申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、そこを見つけて、そこから査定依頼をしました。その結果から、実際に来てもらう業者をどうするのか決めました。

何度か両親がクルマを買い替えている姿は知っているので、相場のどれくらいで売っていたのかは判っていたと思います。私の乗っていた車の走行距離や年式車体の状況を考えても、期待以上に高く買い取りすることもないと思っていたんですが、予測は外されました。思っているよりも遥かに高い査定額になりました。

もし下取りを選んでいたらどれほどの見積もりになるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その査定額は、いくつかの買い取り業者とほぼ同じくらいとなりました。ただそれ以上の金額でも買ってくれる業者もいましたので、私は迷わず買い取り業者に買い取りを依頼しました。

初めてだったけど、順番に一つずつ作業を進めて行った所、申し込みも簡単に進められました。高値で引き取ってもらうことができた関係で、次の自動車を買い変える時の費用にも充てられたので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.