自賠責 種別変更|やってくれることが多く

私の住んでいるところは辺鄙な所で、車買い取りだけをやっている業者がないのです。引き取りしてくれるのは、ディーラーか中古車販売しているところです。

数年のった車を売却した時、どこでも同じだろうと地元で査定見積もりしてもらいました。その査定結果ですが、可愛がって乗ってきた愛車が約30万という査定額にガッカリしました。

そこで以前、ネットを使った無料査定サイトで査定してもらったところ、予想以上の金額で売ることができラッキーでした。複数業者の一括査定で査定をお願いすることになった2社は、何れもネットやテレビCMなどでお見かけする自動車買い取り店でした。仕事もあり休めないので、午前と午後に分けて査定に来てもらうことにしました。

午後に来てくれた業者のスタッフが丁寧な応対ができる方で、この色のクルマを欲しいという人がいるのですぐ買い取りたいと言われました。査定価格も40万と10万程度のアップでしたから、そのスタッフさんに売ろうと決めたのです。その業者さんは買う気マンマンだったらしく、運転手2名で出張して来たみたいでそのまま持って行ってもらいました。

遠くから来てもらうまでもないと思っていましたが、近場で済ますよりも明らかに手間がかかりませんでした。それに、面倒な手続きなどはやってくれることが多く、売却額も高くなるなど、ネットの査定依頼をやってみてとってもお得だったと思います。

約70万で購入したのです

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していましたが、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。まずは近隣の中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになった可能性があったのですからまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、ハナから言っておくべきだと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

それが無料の査定比較サイトでした|自賠責 直接請求とは

それまで乗っていた車を買い替える事になりました。私はクルマの買い替え時はディーラーさんで下取りをやってもらえばよいと思っていますが、他にも方法があるのだという事をこのとき知りました。それが無料の査定比較サイトでした。

まだやったことの無いことだったので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めました。まずは人気のありそうな無料の一括査定サイトを決めることにし、それを調べ、そこから査定依頼をしました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを家族で相談したのも覚えています。これまで親父がクルマを乗り換えている様子は知っているので、どれくらいの交渉の後で売却していたのかは知っています。私の乗っていた車のメンテやボディの状態を考慮しても、期待以上に高く買い取りすることもないとイメージしていましたが、予測は外されました。思っているよりも遥かに高い査定額になりました。もしも下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーさんで伺ってきました。その下取り額は、車買い取り専門店2社とほぼ同じくらいとなりました。でもそれ以上の査定金額で買ってくれる業者もいましたので、その買い取り専門店にお願いする事にしました。

初挑戦のことでしたが、ネットで調べながらやれば、手続きなどは簡単に進められました。思ったよりも高く売ることができたため、次の愛車を購入する時の出費に充てることができたので私としては大成功でした。

やけにボロ車に感じるのです

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に感じるのです。洗車をしてから査定に持って行った所、ボンネットのところの色が査定金額に影響があると言われました。

ショップに行って目立っている白い部分を戻せるものはないかなと探していたら、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。さっそく気になるところをやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。それを見た人からいくらかかったと言わせるほどです。再度車買い取りの為の査定に出したところ、前回とは見違えるくらいアップです。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。気になっていた部分も特に指摘もありませんでした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、今まで以上につややかにする事ができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップと艶を出すためのグッズ代と手間を計算してみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/09 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.