自賠責 自動車損害賠償保障法|一番は70万の業者で

先日私は初めてネットの車買い取りサイトを使って、いくつかの業者で比較してみました。いつもは馴染みの業者に売っているので、それなりの値段でやってくれていると信じていました。

実際のところは複数社に査定してもらってわかったのですが、いつもお願いしているところは相場以下だったのです。これよりも高く買ってくれるところはないと聞いていたので意外なものでした。これまでは相場で売れたらバッチリと思っていましたが、そうでもなかったことを知りました。

先日売却した車は52万円が相場のようでしたが、一括の見積もりを取ったところその中で一番の高値が70万円を出せるとなりました。世間相場の額なら問題ないと思っていましたが、考えてみれば相場というのは高くも安くもない額ということです。見積もり比較をして一番は70万の業者で、2位の業者は68万がいっぱいのようです。3位は57万程度で、差があったので、上位2業者に無料の出張見積もりを頼みました。一番の業者にそのまま売却しなかった理由は、競合他社がいないと安くされそうだと思ったからです。一括査定サイトでも、複数の業者を呼んで比較するべきだと書かれていました。

出張して見積もってもらったら、70万だと思っていたけれど62万円まで値を下げてきたのです。凹みが目立つとの理由でしたが、8万円も下げられたのでびっくりです。でも68万と提示していたところは、68万のままと優しく言われました。2番目の業者が最高額になりましたので、その業者に売却することになったのです。

自賠責 自動車損害賠償保障法|まずは評判の良さそうな

これまで使用していた車を買い替える事になりました。私はクルマの買い替え時は下取りをやってもらえばよいと思っていたのですが、実際にはそれ以外の方法もあるようだとその時知りました。それが買い取り専門業者でした。

初めてのことですから、取り掛かりが大変でした。インターネットで一つ一つ調べながら、手続きを進めていきました。まずは評判の良さそうな複数の業者に申し込めるサイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、そこを見つけて、そこから査定依頼をしました。その概算査定結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを選んだのです。

今までにも兄弟が車を買い替えている様子は見てきたので、大体どれくらいの金額で引き取ってもらっているのかは知っていました。私が使っていた車の年式・走行距離・ボディの状態を考慮しても、実はそれほど高く買い取りすることもないと思っていたんですが、実際には違いました。思っていた以上の査定額となっていたからです。

もしも下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その結果なのですが、クルマ買い取り業者の一部と同程度でした。とはいえそれ以上の査定で買い取ってくれそうな業者もありましたので、私はその買い取り専門業者にお願いしました。初挑戦のことでしたが、一つずつ進めて行けば、申し込み手続きもやることができました。比較したので高く買ってもらう事ができたため、次に乗る車を買い替える時の費用にも充てられたので私としては大満足です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.