自賠責 自動車損害賠償責任保険|消化してしまったことになります

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年で売却することにしました。まずは近隣の車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。単純計算では、半年間で約50万も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かりました。そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。その為、後日来てくれた際には輸送費を引かれてしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

自賠責 自動車損害賠償責任保険|車を売却する時は

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れやすいとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。素敵な日本で、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.