自賠責 補償額|簡単査定で表示された額と

乗り続けてきたマイカーを、車検が来る前に思い切って売ることになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、新しいクルマに乗りたいというような感覚が湧いてきたからです。これまでに比べて、低燃費の車種が多くなってきておりガソリン代の節約にもなります。できるだけ高い金額で買取ってもらえたら、心でそう考えていたものですから、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると比較サイトを使った後で、クルマを買取ってもらった方の多くが、その査定額に満足しているみたいです。これまでならば、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうという形が普通でした。でもそうなると、提示された査定金額そのものが世間相場と比較してどうなのか、私達には判断が付きませんでした。一括査定サイトを活用した場合、その中の業者で高めの金額を提示してくれたショップに車買い取りを依頼出来るという効果があるのです。

それで私もやってみようと、年式や車種などを選択して複数業者に査定を依頼してみたところ、愕然とするような高額査定だったので、ビックリしてしまいました。すぐに業者に連絡して粘り強く交渉したところ、簡単査定で表示された額とまず変わらない値段で売ることができました。ネットで査定をしていなければ、そう考えただけでも背筋がスッとするような感覚です。今回の場合ですが、思いもよらぬ高額で引き取ってもらったので最高です。いきなり売却というのも、不安感を持つ方もおられると思いますので、まずはクルマの相場を調べるところからやってみましょう。

自賠責 補償額|査定見積もりしてもらった結果は

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。家の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。これを計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ることになった可能性があったのですから助かりました。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もしも売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.