自賠責 説明|買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

誰でも車を売るとなれば、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

自賠責 説明|そこへ売ることにしました

仕事先が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。仕事に行くようになってからは、この車を使って通勤しておりました。ところが転勤することになったのですが、車をもっていくかどうかで頭を悩ませてしまいました。

田舎であれば自動車は、必要なものであります。一転交通網の発達している都市部においては、車が仮になくってもさして生活には支障といったことは無いでしょう。車を所有すると駐車料金や管理費まで考えると、金銭的な負担が大きくなってしまうのでこの際に売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、有名な買い取り専門店の店舗があったのでそこを訪ねて、査定見積もりをしてもらいました。予想を大幅に下回る金額を聞かされ、気持ちが落胆してしまいまいそこでは保留にしておき、他で高く買ってくれるところを調べてみることにしました。

ネットで調べると一括査定サイトがあったので、見積もりを取って貰う事にしました。車種年式グレードなどをマスに入れていくと、複数の買い取り専門店が査定見積もりを出してくれます。一括査定出来るので、時間や手間を大きく節約できるので便利です。そうして出た結果、一番の高値を提示してくれた買い取り業者があり、そこへ売ることにしました。

複数業者の査定を受けたので頂戴した金額は大幅な開きがあったので、ネットの一括査定サイトを使ってとても助かりました。交渉もできたので、思っていた以上の高額で買ってもらえました。車を買い替えるなどあれば、査定サイトを使うことをお勧めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.