自賠責 返戻金|新車は高すぎて買えません

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取っていただきました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売却することになっていたかもしれないのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

自賠責 返戻金|午後に来られた業者の方は

私のいるところは辺鄙な所で、自動車の買い取りだけをやっているお店はありません。買い取りをしているのは、ディーラーさんかガススタンドくらいです。

約5年ほど乗ったクルマを売った時には、急いでいたこともあり地元で見積もり査定をしてもらいました。しかし、丁寧に扱ってきた車でしたが30万円ほどの査定金額に悲しくなりました。

そのため、ネットを使った無料査定サイトで見積もりを出してもらったところ、想定以上の値段で買い取ってもらえました。複数業者の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、どちらもネットやテレビなどで有名な車買い取り業者でした。私もそうは休めないので、午前と午後に分けて査定に来てもらいました。

午後に来られた業者の方は丁寧な応対ができる方で、この車種でこのボディカラーを探している人が多くいるそうで査定額も勉強しますと言ってくれたのです。査定の結果は40万円と10万の差もあって、そのスタッフさんに売ろうと即決しました。その業者さんは買う気マンマンだったらしく、輸送用のクルマのを手配して来られていたみたいでそのまま持って行ってもらいました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、近場で済ますよりも手間がかかりません。それに、手続きなどは準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットの査定依頼をやってみて本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.