車売るなら ラビット|売却となると不安感がある方も

長く乗ってきた車を、車検が到来する前に思い切って手放すことにしました。飽きてきたわけではありませんが、新しいクルマに乗りたいそんな思いが強くなってきたからです。

以前とは違い、低燃費の車種が多くなってきており燃料代もコストが抑えられます。できるだけ車を高く売りたい、そんな思いでいましたから、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると一括査定サイトを使って、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、そこで出された査定額に満足している事に気がついたのです。

いままでは、買い取り業者に伺って、買い取り査定をしてもらうという感じでした。しかしそれでは、伝えられた査定価格が適正と言えるのかどうか、私達には判断が付きませんでした。比較できるサイトを使っていけば、厳選された業者のなかから最も高い金額をつけてくれた業者に車買い取りを依頼出来るという手軽さがあります。それを知った私は、車種やボディカラーなど入力して査定をお願いしたところ、驚くような高い金額の査定となっていたので、びっくりぽんです。直ぐに連絡を入れ交渉したところ、ネット査定額と概ね同じような金額で買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを使っていなければ、そう思っただけでも背筋がゾッとしてしまいます。

こういった感じで、思わぬ高額となって売れたので大大大満足です。売却となると、不安感がある方も多くいると思われますので、まずはクルマの相場を調べる感じで始めてみるといいかなと思います。

車売るなら ラビット|わずか2社の比較でしたが

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.