車売る査定|どれくらいの交渉の後で

これまで乗っていたクルマを買い替える事になりました。私はクルマの買い替え時はクルマのディーラーに下取りをしてもらえばよいと思っていますが、それ以外の方法もあるという事を気が付きました。それが一括査定でした。まだやったことの無いことだったので、抵抗感もありました。ネットを使って調べながら、手続きを進めました。まずはよく見る複数の業者に申し込めるサイトを見つけだすために、それを調べ、そこで見積もり依頼をしました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを選ぶことになりました。

これまで何度か親がクルマを乗り換えている様子は見ていたので、どれくらいの交渉の後で下取りされるのかは知っています。私が愛用していた車の年式・走行距離・ボディの状態を考慮しても、期待以上に高く査定してくれないと思っていたんですが、現実を知らなさ過ぎました。イメージよりも高い査定額になりました。

これが下取りとしたらどれくらいの価格になるか、ディーラーさんで伺ってきました。その結果なのですが、買い取り業者の下の方と同程度でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれるという業者があったので、その買い取り専門店に買い取りを依頼しました。

初めての事でしたが、ネットで調べながらやれば、手続きなどは簡単に済ませられました。思ったよりも高く売ることが出来たお陰で、次に乗る車を買い替える時の出費も抑えることができたので私としてはやってよかったと思っています。

車売る査定|いくらかかったと

前に乗っていた車は、ボンネットが白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかボロボロの中古車に感じるのです。洗車をしてから査定をやってもらうと、やはりボンネットの白さが査定金額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、とてもピカピカになったのです。親父からはいくらかかったと言われました。再度車買い取りの為の査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。ボディの色なども何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、より一層綺麗にすることができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップとつややかにするためのグッズ代と手間を比較してみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.