車売る 下取|ハナから言っておくべきだと

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

ところが、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く手放すことになった可能性があったのですから助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。そのため、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

車売る 下取|もしかなうのなら

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界一と言い切れます。今回売却したクルマも日本製の車ですが、この車も海外で活躍するのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

この日本において、今後も良質な中古車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.