車売る 査定比較クルサテ|自動車を運ぶような

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で手放したくなりました。職場の近くの車買い取りショップに査定を依頼したところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も失ったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

車売る 査定比較クルサテ|今回の車買い取りを依頼したのも

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。考えていた以上でかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売れやすいとありました。ただそれは海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

素敵な日本で、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.