車売却時期|手放す日はいつか来ます

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって送信していました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

車売却時期|売却できるとあったのです

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。それは海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。車を売るときは、そのクルマを手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかすると海外かもしれず、どこにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.