車売却 下取|維持管理まで考えると

就職も無事決まったので、両親から車をプレゼントされました。大学を卒業してからは、この車を使って通勤しておりました。ところが本社へ転勤する事が決まり、車をどうするかで困っていました。

田舎であれば自動車は、絶対に欠かせないアイテムの一つです。ですが交通もが優れている都市であれば、自動車がなくてもさして生活には支障といったことは無いでしょう。それ以上に駐車場のことや維持管理まで考えると、経費的にも負担が大きくなりそうなのでこれをきっかけに売却して貰う事にしたのです。

そこで自宅周辺の、車買い取りショップのショップがあったのでそちらに車を持って行って、査定してもらいました。結果は予想をはるかに下回る査定額がつけられ、思わず落胆してしまったのでその場では申し込まずに、他で高く買ってくれるところを調べました。すると比較サイトがある事を知り、見積もりを取って貰う事にしました。車種年式グレードなどを入力していくと、いくつかの買い取り業者が概算の見積もりを教えてくれます。一括査定出来るので、手間や時間を大きく節約できるので便利です。調べた結果、想像以上の高額査定だった買い取り業者さんがいましたので、そこへ売ることにしました。

最初の査定よりも頂戴した金額は大きかったので、査定比較サイトを活用して良かったです。交渉もできたので、思っても見なかった高値で売れることができました。車を売却することがあれば、比較サイトを活用してみる事をお奨めします。

車売却 下取|次々と予想外の問題があり

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらえました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになった可能性があったのですから助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。そのため、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.