車売却 仕訳|つまり新車登録から4年経過です

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが素人にはこの車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、いくつか入力してからネット通信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

車売却 仕訳|もしも可能なら

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。それは海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が乗っていたという事で、ものを大切にする習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.