車売却 自賠責保険|相場を知ろうと査定比較サイトを

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を乗換のため売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になっていたのです。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。それにより下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万から76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからです。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車売却 自賠責保険|考えではなかったようです

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で買い替えを考えました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年50万程度も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取っていただきました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような考えではなかったようです。そのため、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.