車売却 解説|なるところでした

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。当初は購入したディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になるところでした。これまでもディーラーの下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、30~76万まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額が判るからですね。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という査定額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

車売却 解説|見えてしまうのです

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分がなぜか白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗車をして査定をやってもらうと、ボンネットのところの色が査定額に影響があるようです。

カーショップに行ってボンネットの色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。友人にはいくらかかったと言われました。

そこでもう一度出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなってしまうのかと思っていましたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。気になっていた部分も何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、今まで以上に艶やかな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを依頼する時には、できるだけボディを綺麗にしておく事をお勧めします。またボディが白くなっている時等は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップと艶出しの為の手間などを計算してみて、お得と感じたらやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.