車査定価格|6カ月で50万円も

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車査定価格|人気車種が高いものだと思っていました

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で売ることができました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気の車が高値で売却できるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣も影響しているようです。私が思うに、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.