車査定比較|売却することにしました

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。職場の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

車査定比較|下取りに出す前提でしたが

新型の登場とともに、旧型の愛車を売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、76万円の業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.