車査定 アップル|クルマを売却している方の多くが

長年連れ添ってきた車を、車検が来る前に手放すことになりました。飽きてきたわけではありませんが、別の車を運転してみたいといった思いが沸きあがってきたからです。

以前とは違い、低燃費の車種が多くなってきており燃料代もコストが抑えられます。できるだけ車を高く売りたい、そう思っていたので、評判の買い取り業者を調べてみました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、クルマを売却している方の多くが、そこで参考になった査定額で満足されていることが判りました。

現在までは、近くの買い取り業者に、査定を受けるケースというの標準的だと思っていました。しかしそれでは、提示された査定額が世間相場と比較してどうなのか、素人には判断しようがありません。比較サイトを活用した場合、厳選された業者のなかから高めの金額を提示してくれたショップにクルマの売却をお願いできるという手軽さがあります。

さっそく私たちも、車種やボディカラーなど入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、思わず目が飛び出してしまうような査定額になっていたので、ビックリというほかありません。直ぐに連絡を入れ粘り強く交渉したところ、簡単見積もりで出た金額とまず変わらない値段で買い取ってもらえることになりました。比較サイトを活用していなかったら、そう考えてしまうと背筋がスッとするような感覚です。今回の場合ですが、思わぬ高額となって売却できたので嬉しかったです。いきなりネットで売却というのは、拒否反応を示す方も多くいると思われますので、まずはクルマの相場を調べる感じでやってみると良いでしょう。

車査定 アップル|買い取り業者と比べると

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になっています。

これまでもディーラーの下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。結局下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。複数の業者で査定を受けましたが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、このサイトには3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリと判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、76万を提示してくれた業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.