車査定 比較|新車は手が届くレベルではありません

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円で買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。それでも44万円減ったことには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。ですので、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車査定 比較|よく見かける車や

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットを見たところ、ある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回売った車も日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.