車査定 相場表|データ通信しています

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車査定 相場表|初めての経験なので

これまで使用していた車を乗換することになりました。車を買い替えるときにはディーラーに下取りをしてもらえばよいと思っていたのですが、他にも方法があるようだと教えてもらいました。それが無料の査定比較サイトでした。

初めての経験なので、どうしたらよいのかわかりません。ネットで検索しながら、手続きを進めていきました。まずは評判の良さそうな複数の業者に申し込めるサイトを見つけだすために、それを調べて、そこから査定依頼をしました。その結果をもとに、どこの業者に買い取ってもらうかを家族で相談したのも覚えています。

これまで両親がクルマを乗り換えている様子は見ていたので、大体どれくらいの金額で売っていたのかは知っていました。私が愛用していた車の年式や車の使用状況などから、相場よりも高く見積もりしてくれるワケないと考えていましたが、実際は違っていました。思っていた以上の査定金額になったのです。

そこで試しに下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果は、クルマ買い取り業者の一部と同程度でした。でもそれ以上の査定金額で買い取ってくれる業者があったので、その買い取り専門店にお願いする事にしました。

初めてだったけど、順を追ってやっテイクだけで、私でも簡単に手続きなどを行う事が出来ました。高く買い取ってもらう事ができたため、次の自動車を買い変える時の出費も減ったのでやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.