車買取センター|職場の近くにある

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で売却することにしました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに査定を依頼したところ、せいぜい20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ることになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そのため、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

車買取センター|他の情報では認知度が高い車や

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットでチェックしたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気の車が高値で売れやすいとありました。但しその理由は海外に向けての話のようでした。国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.