車買取 青森|乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報ではその通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の中古車は世界一と言い切れます。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや次の運転手を妄想する楽しさもあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよくなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

車買取 青森|地元と大手とでは

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よくて20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取っていただきました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ることになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。ですので、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと思い直しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.